タイヤ交換

人気のサービスとして有名

タイヤ交換の持ち込みサービスは、多くのカーショップにおいて導入されている人気のサービスです。国家資格整備士が常駐する店舗では、依頼をすれば国家資格整備士がタイヤ交換を実施してくれるので、品質の高いサービスを受けることができます。

記事一覧

ミニカー

雪道に適したタイヤ

冬になるとスリップ事故がニュースで取り上げられます。理由の1つにスタッドレスタイヤを装着せず運転することがあります。スタッドレスタイヤも何でも良い訳ではなく評判の良い物があります。それを店員さんに聞き、装着すれば安全に雪道を走行できます。

タイヤ交換

経済的な交換方法

格安のタイヤをインターネット通販などで購入して、タイヤ交換は持ち込み可能となっている店舗で行うという方法が人気です。タイヤショップには工賃を支払うだけで済む場合もあり、タイヤ専門店でタイヤを購入するよりも持ち込みの方が経済的です。

カップル

安全に走行するために必要

スタッドレスタイヤは氷上性能と雪上性能が優れているかが重要です。そして、普段装着が必要ない地域に住んでいる人でも、スキー場に行くのであれば事前に準備をする必要があります。そして、新しいものでメーカーや価格なども比較して決めることが大切です。

タイヤ交換

料金を比較する

タイヤ交換はガソリンスタンドやディーラーで行ってもらえますが、持ち込みの場合工賃が割増しになります。そのため、持ち込み対応しているかも含めて確認をしておく必要があります。そして、組み換えの場合はタイヤサイズが大きくなるほど高くなります。

雪国にはかかせないタイヤ

運転

タイヤの寿命

雪国には欠かせないタイヤそれはスタッドレスタイヤと言うものです。スタッドレスタイヤとは夏用のタイヤと違い溝が少し細かいのと素材が柔らかいのが特徴です。雪道や凍結している道路にはこのスタッドレスタイヤが必需品になります。高速道路でも雪国に入る時はチェーン規制等タイヤの交換などが命じられます。このスタッドレスタイヤは水に行を挟み車を走らせると言う特徴になります。スタッドレスタイヤは素材が柔らかい分車の燃費が少し下がったり夏用のタイヤと違い運転も少し違和感があったりします。スタッドレスタイヤはいろんなメーカーがたくさん出しています。雪道ではこのタイヤは必要なのですが、夏はこのタイヤを履いてはいけません。何故かと言うと、スタッドレスタイヤは素材が柔らかい分、タイヤの溝の減りも普通のタイヤと違い早いのです。なので冬になったらスタッドレスタイヤに履き替えて、冬が終わったら夏のタイヤに帰ると言う作業は欠かせません。もちろんタイヤのサイズも車に合わせて購入しないといけないので、夏ようのタイヤを目安に購入したほうが無難です。タイヤの保管なのですが、タイヤは太陽から出る紫外線にとても弱く7年10年と外に出しっぱなしにしときますと、ゴムが劣化しヒビが入ることがあります。ヒビが入ってしまうといくら新しいタイヤでもバーストする可能性がありますので、ヒビが入ってしまったタイヤは新しいタイヤに変える事をお勧めいたします。もちろんタイヤ交換は自分で行っても構いませんがプロの方に頼んだ方が良いです。

Copyright© 2017 これからの季節に備えてスタッドレスタイヤにチェンジ! All Rights Reserved.